CSR活動

CSR活動
子どもたちへの支援

ネクステージの社会貢献

ネクステージグループでは、地域社会の一員として、社会的責任(CSR)を果たす為の社会貢献に取り組んでいます。その一環として、2つの取り組みを行っています。

子どもたちへの支援

映画を観にいく、東京ディズニーランドにいく、家族で遊びに行く、そんな一般の家庭では当たり前のことが経験できない子供たちが、日本には約3万人以上います。それが、児童養護施設で暮らす子供たちです。

ネクステージグループでは、特定非営利活動法人アニーこども福祉協会の活動に参加し、児童養護施設の子どもたちを年に1度ディズニーランドに招待しています。子どもたちと一緒に過ごす時間をネクステージグループ社員も毎年楽しみにしています。

子供たちが笑顔いっぱいの毎日を過ごせる環境へ。私たちもわずかながら支援を行っています。

ハンディキャップを持つ方への支援

ハンディキャップを持つ方への支援

ネクステージグループでは、チャレンジしているハンディキャップを持つ方を支援したいという考えから、地域の社会貢献活動を行っています。その一環として、高田馬場福祉作業所で働く、社会的ハンディキャップをお持ちの方がつくっているパンを各事業所で購入しています。

今後は、知的・身体的にハンディキャップを持つ方への勤労支援も考えており、一人ひとりの能力や状態に応じて、ネクステージグループを通じて、その人らしい生活が送れるように、個性に合わせた支援を行っていきます。