ブログ BLOG

「コロナなんかに負けてたまるか!」~一緒に頑張ろう22卒~

「コロナなんかに負けてたまるか!」~一緒に頑張ろう22卒~

初めまして、NEXTAGEで人事インターンをしている村上瑛亮です。
 
僕が、NEXTAGEで人事インターンを決めた理由、どんな人材に成長したいか、コロナウイルスの影響による就活の現状などについてお話しします。
と、その前に簡単に自己紹介をしていきたいと思います。(皆さん、飛ばさずに読んでください!!)

 
それでは、行きます!!(上の写真、まさかの3年前・・・早すぎる時が経つのは笑)
 

出身は、北海道苫小牧市!!

 
「いや、苫小牧ってどこ??」って思った人もいると思います。軽く紹介しますね(笑)
 
野球が好きな方なら苫小牧市わかる方もいるかもしれません。ニューヨークヤンキースに所属している、田中将大投手の母校があります。あと、最近だと「僕だけがいないまち」という小説の舞台となっています。(最近映画化されたので是非見てください!!主演は藤原竜也さんです!)
 
ざっとこれくらいしかアピールポイントがないです。(2個しかないアピール (-_-;) )でも、とても過ごしやすい街なので北海道来たときには、ぜひ立ち寄ってみてください(笑)
 
僕は、大学入学にあたり上京しました。上京して3年目ということで猛暑にも少しずつですが慣れてきました。(でも、暑いのは好きじゃないです。普通に嫌いです。一日中エアコンつけていないと倒れちゃいます(笑))
 
大学のサークルは、大学祭実行委員会に入会して活動しています!!(残念ながら今年度の大学祭は中止となってしまいました・・・)
 
こんな感じのごくごく普通の大学生です。この辺で自己紹介は終わります。
 

 
この写真は、去年の大学祭の写真です。お気に入りの1枚なので載せました。(笑))
それでは、本題に入ろうと思います。
 

【就活意識したタイミング】

【コロナ禍での就活の難しさ】

【NEXTAGEでのインターンシップを決めた理由】

【長期インターンシップを通じて、なりたい姿】

【短期間で成長するために】

【最後に・・・】

この流れでお話していきます!!
 

【就活を意識したタイミング】

 
僕が、就活を意識したタイミングは今年の5月末です。頭のどこかでは、「就活しないとな~」くらいのかる~いイメージは持っていたのですが、行動には移さずだらだらとコロナウイルスに怯えながら自粛生活をしていました。
 
そんなある日、大学の友人が就活をスタートしたという連絡を聞き、焦りに焦った僕は茶色に染めていた髪を黒髪にしてとりあえず有名な就活アプリ(リ〇〇ビ、マ〇〇ビ、企業からオファー来る系)などをインストールし、自己分析とか何も知らずに見切り発車でスタートを切りました!
(友人が就活スタートしたことを知らなかったと想像すると・・・怖いですね本当に(笑))
 

【コロナ禍での就活の難しさ】

 

・コロナウイルスの影響

 
22卒の人たちは、薄々気づいていると思うんですが、僕達22卒の代の就活は大変なんだろうと予想できます。企業が採用人数を減らしたり、有名な航空会社などでは、22卒は採用しないなどもニュースでちらほら目にかけ頭が痛くなりますよね。
 
こればっかりは、もうどうすることもできないのですが、

これが現実です

 
僕は、この現実を受け止めることにしました。
 

・オンラインインターンシップの限界

 
大学3年生の5月末からインターンシップを探し始めました。提出したエントリーシートの半分程度は、選考をクリアしてそこそこ順調だなぁと思っていた中で、最初にぶち当たった大きな壁は・・・

オンライン開催です。

 
今年度のインターンシップは、コロナウイルスの影響もありオンライン開催がほとんどでした。その中には、対面での開催予定がオンライン開催に変更などもたくさんありました。
 
オンラインのインターンシップに参加しても得られることは、その会社がどのような会社なのかを聞くだけの説明会ベースとなっていて、時間の効率が良くないと感じていました。
 
せっかくの夏の貴重な時間をただ、ただ、画面を見て過ごすことに違和感を覚えました。オンラインでのインターンシップに限界が見え始めたため、長期のインターンシップを探しているときに
 

NEXTAGEからオファーが届きました。

 

【NEXTAGEでの人事インターンシップを決めた理由】

 
NEXTAGEで人事インターンを決めた理由は、大きく分けて2点あります。

「人間力」の成長

客観的に考える力がつくと感じた。

この2点です。
 

「人間力」の成長

 
NEXTAGEの説明会に参加した際に「人間力」の成長に力を入れているという説明を聞いたときに「ここで、インターンシップを受けたい、働きたい!」と心の底から思い、選考を受けました。仕事力はそのうちつくという考え方で、人間力の成長が一番大切というところに共感しました。
 
僕自身、自分に自信が持てない短所がある中で、人間力が成長すれば、物怖じしない精神や堂々と話せる力がつくと考え、決めました。
 

「客観的」に物事を考える力がつくと感じた。

 
人事のインターンシップということで、様々な方たちとお話しする機会があります。様々な方とお話しすることでいろいろな考え方や価値観などを知ることができ、自分自身の思考の幅を広げることができると思いました。人事ということで、僕の主観で採用を決めるのではなく、企業にとって必要な人材なのかを見極める仕事を行うことで、客観的な視点を持つことができると思いました。
 

 
(業務をしている自分です! 奥に写っているのは、いつも優しく教えてくれる同い年の徳澄君(笑))

【長期インターンシップを通じて、なりたい姿】

・自信を持てる人間に

 
僕は、人前で話す際に自信をもって話すことが苦手で、言いたいことがあるのに一歩引いてしまう時や周りの意見にただ同調してしまうことや話したい内容の本質を見失ってしまうことがあります。この長期インターンシップの間に、会議での発言や朝礼での発表など場数をこなし堂々と話せる人材に成長できるよう努力します。
 
また、支離滅裂な話の内容にならないようにロジカルシンキングの本などを読み、論理的に説明できる人材にもなりたいです。

【短期間で、成長するために】

 
インターンシップなので、時間に限りがあります。その限られた時間の中で成長をしないと折角の貴重なこの機会が無駄になってしまいます。
 
でも・・・

成長ってどうやってするんだよって思いません??

 
僕は、いつも思います。成長ってどうやってするのって(笑)
 
そこで、成長について大切なことをある日の朝礼の時間にお話を頂いたので、ここでシェアしたいと思います!!(特に今の就活生の皆さんには、是非聞いてほしいです。)
 

「1週間で得た気づき学びを感じて、成長できるか??」

 
というお話を頂きました。この言葉が、非常に印象に残りました。僕は、成長というものは長期間かかるものだと思っていたのですが、しかし、1週間という短期間でも気づき学びを感じることで、

短期間でも人は変われる・成長できる

 
というお話を聞き頑張ろうと思いました。
 

1年間は、52週間あります!

 
少なくとも、52回も成長できるチャンスがあるんですよ!!こうやって考えると、なんだか自分にもできる気がしてきませんか?? 僕は、この52回のチャンスを逃したくないと思いました!
 
与えられたチャンスをものにできるかどうかは、自分の行動次第です!
 
成長するためには、今何が自分には必要でそれを得るには何をすればよいのかを考え、行動しましょう!!動き出しちゃえば結果は後からついてきます!
 
僕は、このインターンシップで少しでも成長できるように日々の気づき学びを大切にすることを決めました。(気づき学びをただ、インプットするのではなくメモ帳などにアウトプットします。)
 
こうした取り組みを行い短期間でも成長できるように頑張ります!!
 

 
(これは、朝礼の風景です!!毎朝かかさず行っています!!)

最後に・・・】

 
長々と書いてきましたが、最後に伝えたいことがあります!!
正直言うと僕自身、コロナのせいにしたいときはたくさんあります。事実、採用枠とかが減ってる企業もあることが予想できるので(笑)
でも、いつまでも
 

「環境のせいにして逃げることは、もっとダメ!」

 
だと思うので、
 

「コロナになんか負けてたまるか!」

 
というメンタルで22卒の皆さん一緒に頑張りましょう!!
まだまだ入りたての僕ですが、このインターンシップを通じ「俺は成長したぞ!」と胸を張って言えるくらいに、あがいて頑張っていこうと思います。
そして、数年後「あの時の就活ほんと大変だったよな」と飲み会での笑い話にしちゃいましょう!(笑)
 
今回の記事を読んで、少しでも、「一緒に頑張りたい!ここで成長できるかも!」と感じていただけたら幸いです。

NEXTAGE株式会社はあきらめない人材を探しています。一緒に働く仲間を募集しています。

 

ネクステージ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

 

ENTRY