ブログ BLOG

「夢はでかく、諦めず、ひたすら努力する」を経験してきた男のお話

「夢はでかく、諦めず、ひたすら努力する」を経験してきた男のお話

初めまして!Nextageでインターンをしている原です!

 

今回は学業と体育会所属の両立で忙しかった僕が

 

・今までどのような生活を送ってきたか
・長期インターンを始めてどうだったか
・今後どうしていきたいのか

 

についてお話していきたいと思います。

 

(両手でケーキ食べようとしてますね)

まずは自分がどのような生活を送ってきたか、お話ししたいと思います!

 

【自分を変えた高校生活】

中学時代からお話しすると、都内の中高一貫の学校に通うわけですが、中学時代は何もしなくても高校に上がれてしまう環境に甘えて、何も勉強しないわけですね。

 

もちろん学年ほぼ最下位になります。(学年240人中214人)

 

そしてこのまま高校に進学します、、、高校では外部からの学生も増えて1学年420人になります。

 

まあ、順当にいけばこのまま僕は学年420位ですよね!

 

と思ったらなんと高校生活では学年1位を3年間貫き、首席で卒業しました!

 

きっかけとして特別何か大きな出来事があったわけではありませんが、高校進学と同時に学年1位になったらかっこいいじゃん!という想いが芽生えます。

 

とにかく「かっこいい自分になりたい」が自分を変えるきっかけになりました。

 

それから毎日帰宅後は寝るまで勉強、勉強、勉強を繰り返します!

もちろんモチベーションが下がるときもありましたが、「夢を諦めるのはかっこよくない」「諦めるほど努力したか?」と自分を鼓舞しました。

 

とにかくこの成功体験が今後の僕の

 

「夢はでかく、諦めず、ひたすら努力する」

 

という生き方に繋がるわけです。

 

 

【諦めない大学生活】

そして現在大学では体育会男子ラクロス部に所属し、週5.6で活動しています。ラクロスって何?って方はぜひ調べてみてください!

 

大学の部活は中高とは明らかに違います。鬼のような顧問もいない、すべての活動を自分たちでやるといった、地獄のような部活動を高校で送ってきた人たちからすれば天国かもしれません。

しかし逆に言えばすべての行動が自己責任です。努力と実力が足らなければ試合に1秒も出してもらえないシビアな世界です。

 

(↑試合中なのに謎の笑顔)

 

そんな僕も大学1年次は夏と冬の新人戦に1秒も出場できませんでした。もちろん自分の努力が他の部員よりも足らなかった、実力が劣っていたことは事実ですが、1秒くらい出せよ!!と思いました。

 

ただそれがものすごく悔しく正直辞めようとも思いました。

 

しかし!ここでも思ったのです!

 

「1年で諦めるのはダサいな」「諦めが付くほど努力してきたか?」と。

 

絶対に同期を超えて、部内のAチームに昇格してやる!チャンスは自分で掴む!と目標を立てます。

 

それから2年に上がる春休みは毎日5時間ラクロスに費やしました。雨の日も晴れの日も花粉の日も、、、そして2年次はなんと部内のAチームに所属し公式リーグ戦に出場しました!

 

ここでも僕は

 

「夢はでかく、諦めず、ひたすら努力」

 

し続けました。

 

(↑リーグ戦での1枚です!)

 

と長くなりましたが、僕はこのような人生を送ってきました!

 

 

【そんな僕が長期インターンを始めて】

 

【Nextageでインターンを始めたきっかけ】

僕は現在23卒で絶賛就活中です!3年の5月から就活を意識し始め、色々な業界を体験したいと、片っ端からサマーインターンにエントリーします。そして色々な企業の方と面接をしていく中で一つだけ答えられなかった質問があります。

 

「将来のキャリアビジョンとか考えてる?」

この質問をされた時に自分はこれから大学生ではなく、一人の社会人として物事を考えなければならないと気付きました!

 

と言っても今の自分と社会人の違いって?そもそもキャリアビジョンって?と疑問を持ちました。

 

そんな時にNextageからオファーを頂きました!

長期インターンなら社会人の方と一緒に業務を行いながら色々とお話聞ける!とオファーを承諾し、面接をして頂いた後に「朝礼」に参加することになりました。

 

この「朝礼」が入社の決め手となります!

 

Nextageでは「人として成長し、人として成長させよ」という共通理念の下、その実現のために定められた具体的な行動指針「10のポリシー」があります。

 

朝礼では毎朝ポリシーの1つについてセッションするのですが、これこそが僕の求めていた環境でした!社会人の方と意見交換し、多角的な考えをインプットしアウトプットする場はなかなか日常生活にありません!

 

また僕の人生の生き方は

 

「夢はでかく、諦めず、ひたすら努力する」です。

Nextageのミッション

 

「あきらめない人と、次のステージをつくる」

に共感し、ここしかない!と思いました!そんなわけでNextageでインターンを始めることになります。

 

(↑試合での写真しかない…)

 

【実際に働いてみて】

Nextageでインターンを始めて1か月ほどになりますが、毎日とても楽しく業務を行っています。現在は人事部で新卒・中途採用のサポートやWantedlyの募集記事を書いたりしています!

 

また業務の他に社員の方がインターン生向けにモチベーションが上がるような制度を作ってくれたり、1on1を行ってくれたりとインターン生一人ひとりの成長を考えてくれています!

 

僕も1on1を通して自分の目標が具体的かつ定量的になるようにアドバイスを頂きました!

 

そして1か月間Nextageで業務を行ってみて気付いたことがあります……

 

(↑オフィスはフリーデスクです!最近椅子も変わって座り心地最高です!)

 

とにかくオフィス内は明るく楽しい!

ポリシー4 「明るさと笑顔を忘れない」
ポリシー5 「どんなときでも、前向き、全力、プラス思考」
ポリシー8 「ありがとうを伝え合おう」

Nextageにはこのポリシーを体現する方ばかりです!そりゃ明るくなりますよね!

 

【インターンを通して学んだこと】

1か月間の中で特に学んだことは

 

「目標を立てるときはとにかく具体的かつ定量的に」です。

例えばインターン生は必ず「2か月後のありたい姿」という目標を立て行動計画を考えます。

 

僕は「主体性」「効率化」「自己実現力」を身につけると立てましたが、これでは不明瞭すぎますね!

 

主体性ってなに?→具体的にどういうこと?→定量的にすると?→どうすれば身につく?と何回も深掘らなければなりません。

 

ただこの深堀りがとても大事です!

目標が具体的かつ定量的でないと目指す方向性も定まりませんし、具体的な行動計画も立てられません。

 

 

だからこそ「目標は具体的かつ定量的に」が大切なのです!

 

【今後どうしていくのか】

人生の長期的な目標で言えば

 

「自由でありたい」

と思っています。個人的な「自由」の定義は「何にも依存しない」ことです。つまりは企業や人、お金などに依存せず自分で常に選択し続けたいと考えています!

 

ただこんなことを語っておきながら本当に大切なことは

 

「選択した後どうするか」です。

 

就活に落とし込めば企業に入社した後にどうするかが一番大切なのでは?と個人的には思います。

 

だからこそ目先の目標として「入社1年目から活躍する」を掲げています!

 

とは言え「入社1年目から活躍」するためにはどうしたらいいのでしょうか。僕はこう考えました!

 

主体性を持った行動
業務を効率よく行う力
自己実現力と責任

この3つを備えていれば同期よりも頭一つ抜けれるのでは!

 

この3つの要素、実は先ほどにも出てきてますね!そう、「2か月後のありたい姿」です。

 

僕はこのインターンを通して、「長期的な目標を叶えるため」の「短期的な目標を叶えるため」の力を身に着けていきたいと思います!

 

そのためには

 

朝礼のセッションで多角的な考えを取り入れ、発表する
1on1で社員の方と目標を定量的にしていく
業務効率化のための改善案を模索する….

 

などこれからも色々と日々学び、実践していきます!

 

(↑珍しくプライベート写真!)

 

そして

「夢はでかく、諦めず、ひたすら努力する」

をこれからも経験し続けたいと思います!

 

Nextageはそんな方にとっての

 

「希望の場所である」

と信じています!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ネクステージ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

ENTRY