ブログ BLOG

【インタビュー】年商30億規模のD2C企業株式会社HRCの熱い思いに迫りました!!

【インタビュー】年商30億規模のD2C企業株式会社HRCの熱い思いに迫りました!!

皆さんこんにちは!

 

24卒インターン生の堀内です。

 

 

「理想の姿を叶える」を理念に掲げ、NXグループ最大の組織として成長を続ける株式会社HRC。

 

今回は、そのHRCの【HRC執行役員兼商品企画課 課長】として活躍している本川さんに、HRCの事業や想いについて3つの軸(過去・現在・未来)から語ってもらいました。

         (こちらが本川さんです!!)

 

 

 

本川さんから見たHRCとは

 

(面白い話と美談を交えながら、興味深い話をたくさん話してくださいました!)

 

 

ーー「HRC=人と人をつなぐ」

HRCとは、「Human Rings Company」の頭文字であり、人と人をつなぐという意味合いがあります。

 

 

その中で、HRCという社名の由来は、ただものを売るのではなく、「人と人をつなぐ」であったり、「働いている我々と購入してくださるお客様が一緒に手を取り合って伴走していく」といった中沢代表の強い想いからきています!

 

 

そして、メイン事業としてナイトブラ商材を扱っている理由は…

お客様の感情をニュートラルorポジティブに変えることで、お客様のお役に立てる、我々も喜びを感じるというところにあります。

 

 

ーー「ビフォーアフターアフター」

 

「理想の姿を叶える」という理念になったきっかけは、「ビフォーアフターアフター」と我々は言っているのですが、

 

身体の変化→精神の変化→情緒的なものが豊かになる

と考えた時に「理想の姿」が言葉としてフィットしていると考えました。

 

誰もが身体的・心情的な悩みなどを持っており、それを我々が物やサービスを通してちゃんと叶えるというきっかけを作るという意味で、「理想の姿を叶える」っていう風になっているのではないかと!

 

 

ーー常にアンテナを張るように…

入社して間もない頃、お客様は「着た時に気分が上がる」という感情や「体にフィットしたものが着たい」という意見を持っているということをデータから発見し、「カラーバリエーションを増やす」「サイズももっと幅広く展開する」といった今のHRCの基盤となっている取り組みを企画しました。

 

このような企画を生み出す秘訣として、

 

  • 情報をちゃんとアウトプットしてもらう共通のスプレッドシート
  • 定期的な社員の座談会
  • 通勤時間は景色を見る←広告から発見が!

といった、自分が忙しくてもサボれないような仕組みを作っています。

 

若くありたいし、常に感度の高いことを知っていたいので!

 

(常に新たな情報を得ようとする姿勢がすごく印象的で、勉強になりました!)

 

 

HRCの今に迫る

 

ーー縦割り組織の弱点

 

主力商品が2→4に増えている中で、現状の「縦割り組織」だと、

  • 情報が回り切らない
  • タイムラグが発生する
  • 各々のチームと齟齬が生まれる

といったミスコミュニケーションが多く生まれてしまいます…

 

これまでの事業規模(約20人)であれば、問題はなかったのですが、組織が大きくなる(約60人)につれて、横のつながりが希薄になりつつあるのが、今の現状です。

 

 

そこで!

ーーブランドマネージャー制度の導入

新たな取り組みとして、ブランドマネージャー制度を導入しました。

縦割りの組織に横串を刺していける人を作っていき、橋渡し・情報のタイムラグ解消・共通認識の保有などの効果を期待しています!

 

今取り組み始めたばかりですが(笑)

 

 

HRCのこれから

(ネクステージグループ全体がこんな感じで明るい雰囲気です!!)

 

 

ーー予期せぬ社会に対応するために

 

  • 「いつ社会が変わって悪いものと認識されるか」
  • 「その習慣はだめだという風潮がきて売れない」
  • 「原価が高騰して売れない」
  • 「そこまでの嗜好品にお金出さない」

 

といった予期せぬことはたくさんあると思うので、そういった意味では、新カテゴリー・新ジャンルの商品が必要かなと思っています!

 

そこで我々が今からやっていこうとする新ブランドは…

 

仮にそれが一つの企業になった時に、その企業が多少夢物語であったとしても、「ブランドが長く続く、大きくなってく、やりたいこともたくさんある」というような余白を残した状態で、ブランド化したいなっていう思いがあります!

 

 

ーーお客様の伴走者になりたい

 

そんな中で、来期に向けて動いているのが、「ダイエット」「妊活」といったカテゴリですね。

 

これは、「ライフステージにずっと寄り添えることって最高だよね」という中沢代表の想いもあり、取り組んでいます。

 

女性特有のライフステージの変化ってやっぱり「結婚・妊娠・育児」だと思うので…

 

出産→育児→その先といった、その時々の商品・サービスを提供できれば、

 

本当の意味で「伴走」することができるかと!

 

 

ー来期から子会社化へ!?

 

長年培った知識が今、HRCの本体の中にあるので、

HRCがバックオフィス的存在となって、各事業所・子会社・ブランドをサポートしていけるような組織を中長期で作っていきたいです!

もちろん、HRCの社員の中からも

 

自分の事業・ブランドを立ち上げたい

といった思いを持った人はいますし、実現の可能性もあると思います!!

 

 

いかかでしたでしょうか?

 

今回のインタビューでは、この記事に載せきれないほどたくさんのお話を聞くことができ、どの話も面白く、尚且つ、興味深いものばかりでした!!

 

また、本川さんの優しいお人柄にも触れることができ、大変良い経験でした!

 

これからのHRCおよび本川さんの活躍に期待ですね!!

 

(笑顔も素敵な方でした!)

 

 

以上で今回は終わりとなりますが、

皆さんとお会いできる日を楽しみにしております!!

ENTRY