メンバー
インタビュー
INTERVIEW

interview
04

恵まれない境遇の子たちが
活躍できる社会を
つくりたい

ネクステージ株式会社
神浦 瞳
神浦 瞳
Profile
1986年生まれ。東京都出身。高校卒。18歳からフリーターとしてパチンコ屋、データ入力、コンビニ等アルバイトを掛け持ちし、27歳で経理委託会社に初就職。31歳の時にネクステージGroupに中途入社。経理部に所属し、主にグループ全体の経理業務を行う。2020年10月 財務経理部 経理チーム課長に就任、各社の経理体制の改善を経理者と共に行っている。

恵まれない境遇の子たちが
活躍できる社会をつくりたい

ヤマンバギャルから経理事務へ

都内で生まれ、両親の離婚で小学生の頃から母と祖母と三人で暮らしていました。
中学生になってからはいわゆる「ギャル」に憧れ、高校生の時にはヤマンバギャルになっていました。
その後も高校を卒業してからバンドの追っかけをしつつフリーターを続けるなど自由な生き方をしていたのですが、25歳ごろに急に自分が正社員ではないことに不安を覚えるようになりました。

当時は簿記も知らない状態で、しかしどうしてもきちんとした仕事に就きたく、アルバイトしていた会社で経理事務として正社員登用していただきました。

その会社では勉強しながら4年間勤務しましたが、その中でもっと仲間とやりがいのある仕事をしていきたいと感じるようになり転職を決意し、目に留まったのがネクステージGroupの求人でした。

初めての転職で少々緊張はしていましたが、ネクステージGroupのSNSや理念・ビジョンを事前に見て、わくわくした気持ちで面接に行ったことを覚えています。
社内の雰囲気を感じた瞬間に「絶対入社したい」と思いました。
私が求めていた「仲間と成功する」機会が沢山ある環境で毎日楽しいです。

母との別れが自分を変えた

人生の大きな転機となったのは、母との死別でした。
女手一つで私を育ててくれた母と理解しあい助け合いながら生きていきたかったのですが、その前に母は亡くなってしまいました。

母の死は、私の人生で一番悔いがのこる出来事です。
当時は私自身も本当に落ち込み、自分の人生を終わらせることまで頭をよぎる日々でした。しかしそんな私を励ましてくれたネクステージGroupの仲間たちのおかげで、辛いながらも立ち直ることができたんです。

家庭環境で苦しんでいる人のために活動したい

私の好きな言葉は
「止まない雨はない」
どんなに大雨だったとしても必ず雨は上がりそこには綺麗な虹が架かる。
どんなに辛い事があっても必ず悲しみから抜けられる、そう信じて頑張っていこう、と思えた言葉です。

わかり合う前に母が亡くなった悲しみはこれからも消えませんし、ずっと背負っていく事と思います。
そしてこの経験を無駄にしないために今は外部でボランティア活動を行っています。
母のように苦しんでいるシングルマザーの方々や両親とうまく接することが出来ない子供たちを救いたい、私と同じ思いをする人を増やしたくない、そのための活動です。

まずは、児童養護施設出身の方々が活躍できる場をネクステージGroupで創りたいと思っています。
いずれは家庭環境で苦しみ続けている子どもや親御さんを助け出せる活動ができたら最高ですね。目標に向かって一歩ずつ進んでいきたいと思っています。

これからもネクステージGroupの仲間たちと共に働きながら、自分の目標に一歩ずつ近づいていけるように努力していきたいと思っています。

その他のメンバーインタビュー

代表メッセージ
メンバーインタビュー
ENTRY