PRESIDENT'S MESSAGE

代表メッセージ
代表「事業を創ることは、希望を創ること」

ネクステージを創業して今年で12年が経ち、
現在5つの子会社と準備中の事業を含めると7事業を多角化展開するネクステージグループへと成長を遂げてきました。
(通販事業、WEBシステム事業、広告代理事業、海外通販事業、リーガルサポート事業、買取事業)

企業としてのスタートラインに立ったネクステージグループでは、
私達の目指す目的を実現するためにも新卒採用を重要戦略として位置付け、
同じ想いを持った心ある仲間を募集しています。

ほとんどの方がなんとなくこのページにアクセスしたと思いますが、
これも何かのご縁だと思ってお読みいただき、
もし私達ネクステージグループの考えや想いに賛同いただけるようでしたらエントリーをして頂けたらと考えています。

ちなみに私は凡人ではありません。
2度の倒産を経験したマイナス凡人です。

多くの経営者が有名大学を卒業し、輝かしいキャリアを積んでいる中、
私は専門卒かつ輝かしい職歴を持っているわけでもありません。
それどころか22歳の頃に初めて起業した飲食店の失敗によって多額の負債を抱え、
その上同時期に父親の事業倒産・両親の離婚が重なり、自らの命を絶つ寸前まで精神的に追い詰められていた程のマイナス凡人です。

そんな20代前半どん底の生活を送っていた私に、
多くの友人知人が手を差し伸べてくれたことがきっかけで、再起する決意ができました。

決意と共に再度上京し、37,000円のボロアパートを借りて再スタートを切りました。
とにかく借金返済する事だけを考えガムシャラに働きました。
完済後に訪れるであろうバラ色の未来を夢を見て、
2年間ほぼ休みなく昼夜働き、数百万の借金を返済することが出来ました。

しかし、待っていたのは厳しい現実でした。
学歴や職歴の問題からか不採用通知の嵐にあったのです。
面接すらたどり着けない現実を目の当たりにした私は、
ぶつけ様のない悔しさと喪失感でいっぱいになったのを今でもはっきりと覚えています。
やる気は誰よりもある。とにかくチャンスがほしい。
借金さえ返済すればとそれだけを信じてやってきた分ショックは大きく、
未来に希望を見ることなど一切できずにいたのです。

そんな時、ある人との出会いで私は考え方が変わります。
「丹野君みたいな人って沢山いるよ。だったら君がチャレンジできる会社つくればいいんじゃない?
全額借金返済できたんだから、どんな事でもやれるはずだよ」

世の中を見渡したら僕なんてましな方。
日本はもとより世界に目を向けたら私の経験が失礼に値するほど劣悪な環境の人が大勢いる。

自慢できる学歴や職歴を持っていない人、
ひょんなことがきっかけで道を踏み外してしまった人、
満足のいく環境で育っていない人
本当にたくさんいるのです。

学歴や職歴・生まれ育った背景や境遇など何ら関係なく、
誰にでもチャレンジできる会社、未来に希望を創れる会社を創ろう。

それが、ネクステージを創業したきっかけです。

創業から12年。数え切れないほどの苦しい事や悲しい事を経験した分、
志高く人間力の高い人財社員さんばかりのネクステージグループになりました。

「学歴や生まれ育った環境など過去の背景に関係なく、公正にチャレンジできる【すごい会社】を創る」

目指しているのは売上高300億30事業体の多角化連邦グループ。
それは沢山の会社が助け合いながら大きな目的を達成させるグループです。

まだまだビジョン達成には程遠く、道のりは険しいものです。
ただ少しづつではあるものの、確実に近づいてきている実感はあります。
だからこそ、同じ志を持った仲間が必要なのです。

「沢山の事業を生み出して、働く機会をたくさん創る。チャレンジできる環境を創る」

事業を創る機会に溢れ、人間力の高い人財で構成された仲間によって、
「希望」というメッセージを社会に発信し影響を与えていく。

私達ネクステージグループの想いです。

すでに社会から必要とされている名のあるすごい会社に入るのではなく、
社会から必要とされる「すごい会社を創るという生き方」を選択する。

そんな志の高い仲間を心から募集しています。




最後に学生の皆さんへ。

ネクステージグループは、学歴は一切問いません。
私達が重要視していることは、素直さとやる気です。
事実として新卒社員でもどんどん責任あるポジションを任せています。

「チャレンジしたい」
「事業を創りたい」

やりたい事が明確な方、漠然と思っている方、いずれも問いません。
大切なことは「仕事を通じて人として成長したい」と思っている事。

20代の私は何がやりたいかは不明確でした。
様々な経験を通じて、自分が何をしたいか・何をするべきかが見えてきました。
だから私は「やりたいことが見つかるまで【やれることを増やせる会社】を選ぶ就活」を提唱しています。

一度きりの人生の中、多くの時間を費やす仕事だからこそ、
何をやるかも大切だけれども「誰とどこでやるか」が重要だと私達は考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。
このページがきっかけとなり、御縁を頂ければ幸いです。

ネクステージ代表・丹野直人