ネクステージGroup創業ストーリー

なぜ「あきらめない」事を
大切にするのか?

学生時代、僕は目的や目標を持たずに、
ただ過ぎ去っていくだけの毎日を過ごしており、
専門学校を卒業後に、
就職した会社は3ケ月で辞めました。

そんな僕に訪れた転機が、働きはじめたBarの常連客からの
ひと言、「自分のBarをやってみない?」でした。

しかし、開業後、僕に残ったのは、
サインしてしまった連帯保証人の紙と、
500万円の借金でした。

戻った実家では、両親が離婚。
父親が事業に失敗し、自己破産してしまったのです。
さらに借金が増え、僕は思わず睡眠薬に手を出し、
気がつけば病院のベッドでした。

そんな僕に、
「もう一度、東京に行けよ」「あきらめないでやり直せよ」
と言いながら、お金を出してくれたのは、地元の友人たちでした。

夜のコンビニや交通整理、水商売のスカウト、
よくわからない教材の営業や、よくわからない薬を飲むアルバイト、
とにかく、高時給なものは片っ端からやりました。

2年半が経ち、僕は借金を返済し終わりました。
しかし、僕のような人間を正社員として雇ってくれる会社は、ありませんでした。

ネクステージという会社は、どこにも雇われなかった僕の最後の選択肢です。

僕のように、失敗しても、あきらめない人が活躍できる会社をつくろう。
そう誓ってつくった会社です。

何かで失敗してしまった人や、それでもあきらめたくない人に、
チャレンジする場を与えていきたいと思っています。

僕にとって、“次のステージ”だったこの会社が、
これから仲間になる皆さんにとって、
“次のステージ”となるように。

ネクステージGroup代表
ENTRY